IPv6でもポート番号を表示しないでマイクラサーバーを公開したい

対象となる人たち

  • v6プラス、v6オプション加入者
  • サーバアドレスをポート番号なしで公開したい人(example.com:25564 ではなく example.com)

可能な環境

  • SRVレコードが使用できるDNS(当方環境:Cloudflare)

v6プラス・v6オプションはポート開放できない?

できます。できますが外部と内部でのポートにズレがあります。

v6だと25565ポートは開けられないので、サーバ側で違うポートを指定してやる必要があります。

http://dotsukareta.blogspot.com/2018/01/v6portopen.html

公開はできるがドメインが見っともない

以上のことからサーバの公開はできます。しかし、参加者にドメインを教える際にポートも一緒に教えなくてはなりません。

example.comで25564ポート ⇒ example.com:25564 という感じ。

しかしSRVレコードがあればこんな見っともないドメインを消し飛ばせます。

SRVレコードとは?

クライアント側に「このドメインはこのポートだよ」って教えてくれるレコードです。

今回はSRVレコードが使用できるCloudflareで紹介していきたいと思います。

ちなみにCloudflareは他のDNSサービスから無料でお引越しできるので、これを機に引っ越してみてはいかがでしょうか。

公開したいドメインのAレコード追加

①・・・公開したいサブドメイン(mc.example.com であれば mc)

②・・・サーバーのグローバルIPアドレス

③・・・CDNを経由するかですが、マイクラサーバーには利用できないので、オフにしましょう

設定できたらAdd Recordでレコードを追加しましょう。

SRVレコードの追加

AではなくSRVを選択するとモーダルウィンドウが表示されます。

Serviceの部分にはレコードの名称が入ります。わかりやすいように_minecraftを入力しました。

ProtocolはTCPで、Nameはサブドメインの部分(mc)が入ります。できたらSaveを押しましょう。

Priorityはレコードの優先度です。小さい値ほど優先されるので0を選択しました。

Weightは負荷分散の際に使用する値なので、今回は0にします。(0だと負荷分散しない)

Portは公開したいポートです。

Targetはドメイン部分が入ります。mc.example.comとして公開したい場合はexample.com。

これで以上になります!

最後に

最後に設定できたかほかのユーザーに確認してもらいましょう。

SRVが機能しているかどうかどうやって確認すればいいでしょうかね。何か手がありましたら教えてください!