格安VPS「awh.jp」を人柱してみる #2 【調査編】

前回に引き続き、Awh.jpの謎を解明していきます。

接続情報

SSHの接続情報はメールで来ます。ていうかメールにしか載ってません。

マイページに一応、サーバー情報という項目がありますが何も表示されません。

メールの内容

ポート開放

お気づきの方もいると思いますが、ポート開放が気ままにできないようです。
(上記メール本文参照)

デフォルトだとインバウンドは22番しか許可されていないようです。
他に開けたいポートがある場合はサイトから申請する必要アリとのこと。

どれくらいでポート開放申請が通るのか試したいので、HTTPポートを開けてもらうように申請しておいた。

認証された時間などはこの記事に逐一更新していきたいと思います。

CPU情報

CPUは意外としっかりしたものを使ってた。

ちなみにConohaはXeon E5-2660 v3。
https://claypier.com/archives/1973

CPUの性能はawh.jpが勝ってる。

https://www.cpubenchmark.net/compare/Intel-Xeon-E5-2698-v3-vs-Intel-Xeon-E5-2660-v3/2368vs2359

UnixBench

最後の行の値がスコアですけど、めちゃくちゃ低い。
ネット上に公開されている他VPSのスコアと比べてみても一番低い。

仕様一覧

https://www.awh.jp/vps-hosting

サイトに仕様が載っていた。

仮想化にはどうやらHyper-Vを使っているようだ。

SSD???

公式サイトにはSSDを採用されていると記述されているが、
なんだかHDDっぽい。

このサイトのやり方で調査してみた所、HDDっぽい。
ROTAが1だとHDDらしい。
https://orebibou.com/2017/07/linux%E3%81%A7%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%B9%E3%82%AF%E3%81%8Chdd%E3%81%8Bssd%E3%81%8B%E7%A2%BA%E8%AA%8D%E3%81%99%E3%82%8B/

まとめ

  • 性能は他と比べて低い。(安く提供できる理由の1つか。)
  • ポート開放は公式サイトで申請する必要がある
  • 本当にSSDを使っているのか謎。(使っていたら申し訳ないです。)

    HDDかSSDか判別する方法が他にも御座いましたら、ご教示お願いいたします!!!